椅子から立ち上がる時に痛くて暫く腰が伸ばせない腰痛

IMG_1085腰痛男性

長時間のデスクワークで椅子から立ち上がると暫く腰が痛くて伸ばせない方は

お腹の奥にある腸腰筋が短縮して伸ばせない状態なので時間が経過すると伸びて歩ける様になると思います。

これはインナーマッスルである腸腰筋とアウターマッスルのお尻の筋肉(大殿筋)や背中の筋肉である(広背筋)が姿勢の悪い状態で硬くなり引っ張り合いしているのです。

 

またこの様な状態の方は腹直筋も硬くなっているので腰痛予防の為と思い、腹筋のトレーニング(シットアップ)等を行うと腸腰筋は腰の骨の4~5番(腰椎4~5番)に付着しているので、余計に痛める事があります。

腰痛予防にはインナーマッスルである腹横筋を鍛えるのが効果的です!

 

腰痛の方がコルセットをすると楽になるのはインナーマッスルである腹横筋の腹圧が上がり腰の負担が減る為なので

ドローインや腹式呼吸から始めてみてください!(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋はアウターマッスルです)

トレーニングが嫌いな方には健幸整骨院では寝ながら鍛える複合高周波EMS「楽トレ・コアトレ」等のメニューもご用意しておりますので

この機会に是非ご体験下さい!!

 

ホットペッパーにも姿勢分析と検査がついたお得なクーポン等もあります(^_^)v

エキテンバナー

LINE@で相談・予約する

健幸整骨院ではLINEでの予約やご相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい!

私と羽田野式ハイボルト

院長

当院は、私自身が現役のプロ競輪選手時代から辛い腰痛や怪我、痛みで長年悩んでいたことをきっかけに、『何年も良くならず辛い痛み悩んでいる人を1人でも多く助けたい』という思いで開院し、その時に出会った施術法が羽田野式ハイボルトです。

 

『原因の無い痛みはありません!』

羽田野式ハイボルト療法は、痛みの原因を探り、緩和できる施術です。

 

当院以外でもハイボルテージ(ハイボルト)を使用している所は、あります。

※羽田野式と明記していない院は技術セミナーを受講しておりません

しかし、今まで整骨院で電気をかけていたけど、あまり効果が感じられなかった事はありませんでしたか?

 

電療法とは奥が深く、ただ電気をかければ効果も高まるといった単純なものではありません。

刺激の方向や強さ、周波数などによっても効果は異なってきます

 

多くの整骨院では全員に同じやり方と出力で電気を流しています。

それぞれに症状が違うのに同じ電療法では効果が低いのは当然です。

 

私自身もずっと、手にこだわってきましたが「羽田野式ハイボルト」と出会ってからは電療法にしかできない事もあると考えさせられました。

 

「ハイボルト」を使うことは誰にでも出来るかもしれんが、「羽田野式ハイボルト」を使いこなす事は誰にでも出来る事ではありません。

 

健幸整骨院はハイボルト療法を生み出した「日本電気治療協会」が認定した院であり、定期的にハイボルト療法の研修を受けています(ハイボルトマスター)

ただ単に「ハイボルテージ電療器」がある院とは、やり方、考え方が根本的に違います

 

・整骨院や病院に行ったが良くならなかった。
・マッサージに効果を感じない
・今まで電気で良くなった事が無い

こんな方は是非一度、健幸整骨院の羽田野式ハイボルトを体感してみて下さい!

 

【好評につき期間延長】

4月13日~23日まで

先着9名様限定

【トライアル見ましたとお電話下さい】

あと残り7名!

キャンペーン

残念ながらキャンペーンを受けれない方

  1. 『痛み』のお悩みでは無く『肩凝りなどリラグゼーション』を目的とした方
  2. 計画的な通院の意思の無い方(施術計画に沿えない方)
  3. 自分の身体に投資をするお気持ちの無い方
  4. 1・2回ですべて治りたい方(根本的に改善する提案をしている為)

(注)キャンペーンは、これから通院する所をお探しでお困りの方への企画です

 (5日以内に次回来院が出来る方が対象)

【新規限定】

地図

腰痛(慢性的な腰の痛み)について詳しくはこちら

腰痛(慢性的な腰の痛み)

この記事に関する関連記事