椅子から立ち上がる時に痛くて暫く腰が伸ばせない腰痛

IMG_1085腰痛男性

長時間のデスクワークで椅子から立ち上がると暫く腰が痛くて伸ばせない方は

お腹の奥にある腸腰筋が短縮して伸ばせない状態なので時間が経過すると伸びて歩ける様になると思います。

これはインナーマッスルである腸腰筋とアウターマッスルのお尻の筋肉(大殿筋)や背中の筋肉である(広背筋)が姿勢の悪い状態で硬くなり引っ張り合いしているのです。

 

またこの様な状態の方は腹直筋も硬くなっているので腰痛予防の為と思い、腹筋のトレーニング(シットアップ)等を行うと腸腰筋は腰の骨の4~5番(腰椎4~5番)に付着しているので、余計に痛める事があります。

腰痛予防にはインナーマッスルである腹横筋を鍛えるのが効果的です!

 

腰痛の方がコルセットをすると楽になるのはインナーマッスルである腹横筋の腹圧が上がり腰の負担が減る為なので

ドローインや腹式呼吸から始めてみてください!(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋はアウターマッスルです)

トレーニングが嫌いな方には健幸整骨院では寝ながら鍛える複合高周波EMS「楽トレ・コアトレ」等のメニューもご用意しておりますので

この機会に是非ご体験下さい!!

 

ホットペッパーにも姿勢分析と検査がついたお得なクーポン等もあります(^_^)v

エキテンバナー

LINE@で相談・予約する

健幸整骨院ではLINEでの予約やご相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい!

院長挨拶

院長

当院は、私自身が現役のプロ競輪選手時代から辛い痛みや怪我、痛痛で長年悩んでいた事をきっかけに、『何年も良くならず辛い痛み悩んでいる人を1人でも多く助けたい』という思いで開院し、その時に出会った施術法が羽田野式ハイボルトです。

 

あなたは、今まで整骨院や整形外科で電気をかけた事があるけど、あまり効果が感じられなかった事はありませんでしたか?

それぞれに症状が違うのに、皆んな同じ電療法では効果が低いのは当然です。

 

ハイボルテージと言う機械を使う事は出来ても『羽田野式ハイボルト』を使いこなす事は誰にでも出来る事では有りません。

ただ単に「ハイボルテージ電療器」がある院や大きな院とは、やり方、考え方が根本的に違います

この強い想いが揺るぎない自分の信念です!

『原因の無い痛みは有りません』

羽田野式ハイボルトを体感して下さい

ご来院お待ちしております

キャンペーン

2回目以降 施術料 5500円

【好評につき期間延長】

9月21日~30日まで

先着9名様限定

【トライアル見ましたとお電話下さい】

あと残り2名!

地図

慢性的な腰痛について詳しくはこちら

慢性的な腰痛

この記事に関する関連記事

健幸整骨院

〒980-0014宮城県仙台市青葉区本町3丁目2-3ダンブランシュビル3階