野球肘

成長期の野球少年に起こりやすく、部位の使い過ぎや投球ホームなどにより肘の内側部に痛みが生じます。上腕骨内側上顆炎や内側側副靭帯損傷などが内側型、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎が外側型の症状となります。

 野球肘


まずはお気軽にお電話ください


 

野球肘の施術

症状に合わせて施術を行います。症状の経過をみながら電気治療、手技で症状の痛みを取っていきます。

 


 当院では事故直後にはマイクロカレントにより、

痛めた部位を修復し、首の痛みや腰痛には

ハイボルト療法で痛みを取り除きます。


ハイボルト療法


また筋緊張の強い部分にライズトロンを照射して

筋肉の張を和らげます。


ライズトロン


痛みが治ってきたら複合高周波エクスケアや、

中周波EMSを使って機能改善を目指します。


整体による機能改善

ハイボルト療法

 

事故直後では症状が出なくても、数年経過してから

原因不明の首の痛み、肩こり、腰痛、肩の痛み等の

不定愁訴で悩んでいる方が多くみられますので

簡単に考えず根本治療をオススメします。

交通事故でケガをしたとき

交通事故のムチウチ

 交通事故のムチウチ施術

交通事故の補償と保険

交通事故Q&A

  

営業日予約表

電話予約方法

 

 

▲TOPへ戻る