交通事故の腰椎捻挫

交通事故による腰椎捻挫は急性腰痛症とも呼ばれています。レントゲンやMRI検査では異常が見つからないことが多く、治療は湿布と痛み止めのみになります交通事故の症例ではムチウチに次いで多くみられます。この症状は腰椎に異常が生じて発症することは少なく、交通事故の衝突により周囲の筋肉、靭帯などが損傷し痛みを発症させます。

 

 


まずはお気軽にお電話ください


 

腰椎捻挫型

・腰の痛み

・整形外科で異常がみられない

・せき・くしゃみがつらい

・寝たり、寝返りがつらい

769f2327358198ebbd890161ec7205b3_s

腰椎捻挫型の症状

腰椎捻挫は腰の周囲の痛みだけではなく、お尻や足先に痺れや痛みを出す坐骨神経痛も併発するケースもあります。

腰椎捻挫型の施術

初期の施術はまずは、患部を冷やします。患部の症状が落ち着いてきたら、手技、超音波、矯正施術を用いて根本改善を目指します。交通事故による腰椎捻挫を施術せずに放置させたために、後々後遺症で悩まれる方がたくさんいます。痛みを伴う場合は多少にかかわらず早めに、健幸整骨院で受診してください。

 

 


 当院では事故直後にはマイクロカレントにより、

痛めた部位を修復し、首の痛みや腰痛には

ハイボルト療法で痛みを取り除きます。


ハイボルト療法


また筋緊張の強い部分にライズトロンを照射して

筋肉の張を和らげます。


ライズトロン


痛みが治ってきたら複合高周波エクスケアや、

中周波EMSを使って機能改善を目指します。


整体による機能改善

ハイボルト療法

 

事故直後では症状が出なくても、数年経過してから

原因不明の首の痛み、肩こり、腰痛、肩の痛み等の

不定愁訴で悩んでいる方が多くみられますので

簡単に考えず根本治療をオススメします。

交通事故でケガをしたとき

交通事故のムチウチ

 交通事故のムチウチ施術

交通事故の補償と保険

交通事故Q&A

  

営業日予約表

電話予約方法

 

 

▲TOPへ戻る