交通事故の症状について

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などと呼ばれます。

交通事故の際に、首や背中に強いストレスが加わり、 首がムチのようにしなることから、ムチウチ症と言われています。

その怪我の度合いも、軽いものから、日を増す毎に症状が悪化するもの、後遺症に苦しむタイプまで様々です。

 交通事故の症状

 


まずはお気軽にお電話ください


 

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯が損傷し、首、肩、背中の痛みを伴い、運動に支障をきたす症状です。

バレ・リュウ症候群型

痛みに加えて、筋肉の凝り、耳鳴り、めまいなどの症状です。首の損傷によって自律神経が直接的もしくは間接的に刺激を受けていることで発症していると考えられます 。

神経根症状型

後部交感神経の損傷によって頭への血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労を惹き起こす症状です。 

 


 当院では事故直後にはマイクロカレントにより、

痛めた部位を修復し、首の痛みや腰痛には

ハイボルト療法で痛みを取り除きます。


ハイボルト療法


また筋緊張の強い部分にライズトロンを照射して

筋肉の張を和らげます。


ライズトロン


痛みが治ってきたら複合高周波エクスケアや、

中周波EMSを使って機能改善を目指します。


整体による機能改善

ハイボルト療法

 

事故直後では症状が出なくても、数年経過してから

原因不明の首の痛み、肩こり、腰痛、肩の痛み等の

不定愁訴で悩んでいる方が多くみられますので

簡単に考えず根本治療をオススメします。

交通事故でケガをしたとき

交通事故のムチウチ

 交通事故のムチウチ施術

交通事故の補償と保険

交通事故Q&A

  

営業日予約表 

電話予約方法

 

 

▲TOPへ戻る