むち打ちについて

症状により、施術方法は様々です。
交通事故によるケガでお悩みの方は、健幸整骨院にお任せください。

交通事故を要因とした頚部の痛みを「むちうち」と呼びます。

 ムチウチ


まずはお気軽にお電話ください


 

むち打ちになる要因

交通事故で追突された際、頚椎(首)・胸椎(背部)・腰椎に外力が加わり、その関節が持つ可動範囲以上の動きをした事により、筋肉や靭帯、関節包などに損傷を与えている状態です。

むち打ち損傷とは

交通事故により、身体に加速の力が急に加わって重い頭部の慣性で頸部が後方に過伸展し、その反動でまた前方に過屈曲するといったことで惹き起こされます。むち打ちは興奮、緊張のため症状についてはあまり意識されず、1日くらい経過して気持ちが落ち着くとともに自覚症状が現れたり、症状が強くなってくることが多いです。自覚症状としては後頸部の痛みをはじめ、上肢の痛みやしびれ、熱っぽい、脱力感、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、不眠、肩背部のこわばり、頸部の運動制限などがあげられます。

むち打ちのタイプ

①頸椎捻挫型 最も軽い損傷で、頸の付け根から肩にかけて付いている筋肉や靭帯などの組織が、一時的に引き伸ば されただけで、自然に元の正常な状態に戻っているものを言います。主症状は頸部の痛みと可動域の制限でになります。

 

②神経根型 頸髄から出ている神経根が頸椎の椎間孔およびその前後で圧迫刺激されるためにおこる症状です。主症状は障害を受けた神経の支配下にある部分の知覚障害・しびれ・麻痺・筋力の低下・反射の異常などです。

 

③バレ‐リュー型 視力低下や目のかすみ、流涙、充血、眼振、耳鳴り、難聴、歯が浮く、吐き気や嘔吐など、バレ‐リュー症候群とよばれています。主症状は耳鳴り、目まい、吐き気、眼精疲労、不眠、倦怠感、疲労感、食欲不振、頭痛などです。

 

④脊髄型 首の脱臼をしている場合や、首に持病を持っている方(頚椎症や後髄靭帯骨化症)は脊髄を痛めることがあります。主症状は腕や手、指先、足のシビレ、歩行障害、膀胱直腸障害、下肢知覚障害や腱反射の亢進などです。

 

⑤脳脊髄液減少型 脳脊髄液が、衝撃によってそれを覆っている、くも膜という膜に傷が付き、そこから脳脊髄液が漏れてしまう症状です。むち打ち症が何年も改善されない患者様はこの脳脊髄液の漏れが疑われます。主症状は運動すると頭痛、頭から手足にかけての痛み、疲れやすい、睡眠不足、ダルい、頭痛、めまい、耳鳴り、・自律神経症状、集中力・思考力の低下などです。

 


 当院では事故直後にはマイクロカレントにより、

痛めた部位を修復し、首の痛みや腰痛には

ハイボルト療法で痛みを取り除きます。


ハイボルト療法


また筋緊張の強い部分にライズトロンを照射して

筋肉の張を和らげます。


ライズトロン


痛みが治ってきたら複合高周波エクスケアや、

中周波EMSを使って機能改善を目指します。


整体による機能改善

ハイボルト療法

 

事故直後では症状が出なくても、数年経過してから

原因不明の首の痛み、肩こり、腰痛、肩の痛み等の

不定愁訴で悩んでいる方が多くみられますので

簡単に考えず根本治療をオススメします。

交通事故でケガをしたとき

交通事故のムチウチ

 交通事故のムチウチ施術

交通事故の補償と保険

交通事故Q&A

  

営業日予約表

電話予約方法

 

 

▲TOPへ戻る